ASCONE 「脳科学への数理的アプローチ」

脳を数理で解き明かそう 〜実験的アプローチとの融合〜

脳の世界の謎は、人類の英知に最後に残された大きな砦です。 この数十年で、脳の中を観測する技術は飛躍的に進歩してきました。 しかし、実験的観測だけではどうにもならない謎が脳にはあります。 この謎を解く鍵となるのは、 物理学や情報学の世界で力を発揮してきた数理的アプローチです。 数理的アプローチによる脳の理解の一端を経験しながら、 脳科学への扉を開いてみましょう。

これまでにASCONEに参加したたくさんの方々が、脳科学の分野で若手のホープとして活躍しています。
ASCONE2006 ASCONE2007 ASCONE2008 ASCONE2009 ASCONE2010 ASCONE2011 ASCONE2012 ASCONE2013 ASCONE2014 ASCONE2015 ASCONE同窓会2015
 
ASCONEの参加者たちが立ち上げた脳科学若手の会は、脳科学分野に多大な貢献をしています。
若手の会もASCONEも利用してつながりを築き、未来につなげましょう。
 
 
 
Poster
 

日本神経回路学会 オータムスクール

ASCONE2016 『人工知能に意識は宿るか?』

Autumn School for Computational Neuroscience

2016年11月3日(木・祝)〜 2016年11月6日(日) かたくら諏訪湖ホテル(JR上諏訪駅 徒歩10分)

ポスター(JPG:5MB) 応募サイト

講師

Lecture I: 『意識の神経科学:意識の謎と統合情報理論入門』

土谷 尚嗣  Monash University

意識の問題がなぜ面白く、重要で、しかし、難しいのかを解説します。この意識の謎の壁を打ち破る可能性が最も高いと期待されている統合情報理論を導入します。チュートリアルでの問題を通して、IITへの理解が深め、IITに対しての恐れを取り除き、今後何を解決すべきかをクリアにすることを目指します。

Lecture II:

大泉 匡史
理化学研究所 脳科学総合研究センター

Lecture III:

大澤 博隆
筑波大学 システム情報系

Lecture IV:

金井 良太
Araya Brain Imaging, CEO

Lecture V: 『自由意志と意識の統合的理解に向けてのロボット構成論研究』

谷 淳  KAIST

本講義では、自由意志と意識に関する現象を統一的に説明しうる構造は、果たしてどのようなものか、講演者が、現象学、脳神経科学、非線形力学系、Deep Learning、学習ロボットなどを含む学際研究の結果から得たものを基に、議論していく。特にpredictive codingの原理に基づき構成された、認知ロボットの学習と行為の実験において、主観と客体は、如何に交りあい、かつ分離しうるのか、その動的構造を理解することにより、その背景に潜む意識と自由意志の統合的な構造の理解に迫ろうとするものである。

キーワード及びトピックス:

ロボット構成論、prediction and postdiction, deterministic versus stochastic dynamics, top-down and bottom-up interaction, 身体性、authentic being by Heidegger, recurrent neural network, upward causation and downward causation, deep learning of spatio-temporal perceptual flow, フッサールの主観的時間と流れ の分節化、カオスと記号力学系

Special Lecture:

甘利 俊一
理化学研究所 脳科学総合研究センター

講義形式

1講師1トピックについて、以下のスケジュールで行っていきます。
  1. 「基礎講義」(約1時間)
    問題意識までの導入を行います。 例えば、不思議な脳の現象などを紹介し、 その問題を考えるための材料を提供します。
  2. 「グループ討論」(約2〜3時間)
    小グループに分かれて、提示された問題について自ら考えながら、 チューター、講師らと共に討論します。 最終的にそのグループの意見として全体に発表できるように、 意見をまとめていきます。
  3. 「グループ発表」(約30分)
    各グループで行った討論の結果を代表者が全体に発表します。
  4. 「発展講義」(約30分)
    講師による解説を行います。

対象:脳科学の数理的アプローチに興味を持っている方

大学院進学を考えている学部学生、大学院生、ポスドク研究員など。
 
定員:20名程度(応募者多数の場合、応募資料により審査を行います)
 
注: 既に数理的アプローチで脳研究を行っている方には、 チューターをお願いするかもしれません。

参加費無料(合宿形式;全日程参加可能な方限定)

応募日程

応募方法

以下の情報を応募サイトで登録していただきます。
  1. 氏名・所属・連絡先等  
  2. 脳に対する興味を1000字程度でまとめた文章
    • 興味のある脳の現象を具体的に挙げ、自分の考えを述べてください。
    • 事前知識の量は問いません。 専門的でなくても、身近な話題で構いません。 脳に対する興味の強さと論理的な文章力を審査の対象とします。
    • 氏名・所属を伏せて審査します。 この文章中には、 個人が特定できるような人間関係などの情報を記載しないでください。
 
 
 
個人情報の取り扱いについて
  • ASCONEに関する諸連絡(審査結果、案内など)に用います。
  • E-mailには、次年度以降のASCONEのご案内を送信させて頂くことがあります。
  • ASCONE応募者ならば興味の持ちそうであると我々運営委員が判断した場合、 研究会などの案内を転送する場合があります。
  • 以上の送信停止希望はいつでも承ります。
以上のことを同意の上、ご応募ください。

ASCONE2015参加者からのメッセージ

岡本 直宏(京都大学 総合人間学部 B4)

あっという間の4日間でした。講義を聞くだけでなく、自分たちで納得のいくまで考え、議論する場はとても貴重で大変有意義な時間でした。さらに、全国から脳に興味のある同世代が集まり、各々が研究していること・興味があることについてとことん話し合い、交流できたこともとても大きな収穫でした。

平塚 和宏(立命館大学 理工学部 B4)

今まで関わることが無かった様々な分野の方々と交流することでき、大きな刺激を受け、とても勉強になりました。今回学んだことをもとに、今後に活かしていきたいと思います。

廣田 敦士(京都工芸繊維大学 工芸科学部 B4)

私は脳科学についての勉強は初めて、学ぶこと全てが新しいものでした。その上で重ねたグループ討論により、多くの経験を得ることができ、学問に対する興味が深まりました。自由時間にも自分の研究に関する議論をすることができ、非常に有意義な4日間となりました。

赤松 和昌(電気通信大学 情報理工学研究科 知能機械工学専攻 M1)

とても楽しく充実した4日間でした。普段関わることのない様々なバックグラウンドを持つ方々との議論を通じて、自分の受けてきた教育とそれに よって身についた考え方を再確認できました。自分の強みは何かを意識して今後の研究に取り組んでいきます。

川端 政則(玉川大学 脳科学研究科 M1)

ASCONEは自分の思考力の限界を知り、さらにそれを伸ばす場だと思います。脳に少しでも興味があれば十分で、背景知識はあまり必要ありません。 何がわからないかをはっきりさせ、それを質問して疑問を解決しながら聴講すれば講義は必ず理解できます。その上で討論課題に挑戦することで、より実践的に研究を疑似体験することができます。 また、厳しい選考を勝ち抜いた参加者たちと議論することで、それぞれの考え方や価値観の違いに触れることができ、自分の思考の幅を広げることができるでしょう。

水口 智仁(慶應義塾大学 医学部 B5)

参加者のバックグラウンドや年代が非常に幅広かったのが印象的でした。私は神経科学を学び始めて未だ日の浅い学部生ですが、参加者の皆様、特に同室だった方々との突っ込んだ議論を通して今後自分がやりたい研究へのヒントをつかむことができました。睡眠以外のほとんど全ての時間を講義や議論に費やすというハードなスケジュールでしたが、参加できて本当に良かったです。

佐藤 仁是(北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 M2)

昨年も参加させていただきましたが、受動的なセミナーとは違い、脳みそに汗をかく程考える能動的なセミナーだと再認識しました。多くの専門性を持つ参加者の皆様とともに、講義内容だけでなく自身の研究内容にいたるまで様々な議論ができたこの機会を、今後に活かしていきたいとおもいます。

寺尾 勘太(北海道大学 生命科学院 D1)

実りある4日間を過ごすことが出来ました。最先端の研究を見聞きして、尽きない議論を交わすのがとても楽しかったです。 様々な分野の参加者や先生方のおかげで、視野も広がったように思います。 間違いなく良い経験になるので、皆さんぜひ参加してください。
ASCONE2013参加者からのメッセージ ASCONE2014参加者からのメッセージ

運営

鮫島 和行(玉川大学 脳科学研究所)
酒井 裕 (玉川大学 脳科学研究所)
田中 宏和(北陸先端科学技術大学院大学)
筒井健一郎(東北大学 生命科学研究科)
山本 慎也(産業技術研究所)
渡辺 正峰(東京大学 工学系研究科)

顧問

丹治 順 (東北大学包括的脳科学研究・教育推進センター)
銅谷 賢治(沖縄科学技術大学院大学)
 

主催

日本神経回路学会

共催

新学術領域研究(文部科学省 科学研究費補助金) CREST(JST 戦略的創造研究推進事業)